翻訳クラウドソーシングのTextMasterが約1.75億円を調達


ベルギーを拠点とする、翻訳や文書作成・校閲のクラウドソーシングサービスTextMasterの資金調達に関する記事です。
元記事:TextMaster Raises €1.64M To Bring The Crowd To Translation, Copywriting & Proofreading

記事内容

2012年11月19日、TextMasterが、VCと複数のエンジェル投資家から164万ユーロ(約1.75億円)を調達した。
調達した資金は、NYオフィスを開設するなど、サービスの国際化を促進するのに使用される。


TextMasterは、運営開始から1年間で4,000クライアントに利用され、35,000人ものワーカーが1,250万文字に相当する仕事をしてきた。
最初からインターナショナルなサービスであり、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、オランダ語、中国語が利用できる。

本当の意味でのプラットフォームになろうと、今年7月にはAPIを一般公開した。
これにより、アプリ開発者達は、翻訳や文書作成の機能を彼らの製品に組み込むことができるようになた。

彼らの競合としては、 Scripted、GreatcontentやコピーライティングのTextbroker、文書校正のWordy、日本発の翻訳サービスGengoなどがある。

雑感

専門領域に特化したサービスが世界を舞台に競争している印象を受けます。
翻訳やライティング系だけでも、先に挙げたような様々なサービスがあるとは知りませんでした。
TextMasterは、クオリティを担保するためのユーザのスキルによるランク化や、
クレジットを購入して文字数によってそれを使用する料金体系がユニークです。
日本語に対応したら、ぜひクライアント、ワーカーの双方として利用してみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>