2013年のオンライン雇用に関する5つの予測 [Elance]


Elanceが発表した、オンライン雇用に関する2013年の予測をご紹介します。
元記事はこちら:The Profits Have Spoken: Five Online Work Predictions For 2013

インフォグラフィック

サービス産業のオンライン雇用は2倍になる

クリエイティブ領域における、旧来の代理店を通した仕事はオンラインワーカーに移るにつれて、サービス産業の仕事増加が最大になる。実際、クリエイティブ系の仕事は昨年比で58%増加している。
法務(176%増)、会計業務(88%増)といった他のサービス業務も同様である。

4人に1人の大学生がオンラインで働き出す

学生たちは、普通のアルバイトをするよりも、やりがいがあり儲かることに気づくだろう。経験を積みながら安定した生活費を稼げるようになり、卒業後もフリーランスの仕事を続ける。
実際、過去のElance雇用レポートでは、ミレニアル世代は昨年の26%から47%に増加している。

フリーランスに転身する人の数は3倍になる

フリーランスにとって、ヘルスケア制度の欠如は懸念事項だが、Obamacare(※2)が開始されれば、アメリカの労働者は手頃な価格の医療保障を手にすることができる。その結果、フルタイム勤務を辞めてフリーランスになる人の数が増える。
※2・・アメリカで医療保険制度に加入していない多くのアメリカ人を医療保険制度に加入させようとする医療保険制度改革

失業率は5%水増しされる

経済は、それが示すほど悪くはない。失業者(とそうでない人も)が稼ぐためにオンライン上で働き始めているが、それらの数値は、2013年の雇用統計に現れることはないので、公表される失業率は、実態とは乖離した数値となる。

企業のオンライン雇用数は2倍になる

コスト削減、雇用までのスピード、場所に囚われずに優秀な才能へアクセスできること、より製品(サービス)を提供できるなど、オンライン雇用が競争優位性をもたらしていると85%の中小企業が回答している。
2013年、企業は現場スタッフの延長として仮想チームを構築し、益々これらの利点を享受するだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>